【ネイブレイン】
家事楽(ラク)・時短を叶えた子育て世代の家づくり

【ネイブレイン】

家族構成:ご夫婦+お子さん1人

 

家づくりのはじまりは、“自分たちの好みを知る”ことから

 

今回紹介するご家族は、ご夫婦ともうすぐ2歳になるお子さんとの3人家族。

 

 

家づくりをスタートしたのは、さかのぼること約2年前。お子さんが生まれたことで、それまでの住まいが手狭になってきたことがきっかけになったそう。

 

 

もともと土地は確保できていたため、まずは工務店探しから。

 

 

同時に、ご主人は建築関係の専門誌を読みながら家づくりについて学び、奥さまは雑誌やインターネットなどから“こんなかんじがいいな♪”と心躍るデザインをピックアップするなど、たくさんの情報の中から自分たちがカタチにしたい理想の住まいを具体的にしていきました。

 

 

決め手は、こだわりの高性能と圧倒的なデザイン力

 

家づくりに関して重きを置いていたのが「高気密・高断熱」の住まいであるということ。

 

 

工務店探しの中で出合ったネイブレインの高気密・高断熱・高耐震など機能面でのこだわりに強く惹かれたとご主人は話します。

 

 

さらに、予算内で自分たちが希望する家づくりが叶うこと、プロの立場で正直に向き合ってくれるスタッフの人柄、「こうしたいけど予算の面で難しい…」といった問題を見事なアイデアで実現する設計士ならではの提案力などが、大きな信頼につながり、ここでの家づくりが決まりました。

 

理想をカタチに!先輩ママのこだわりポイント7

Point.1 快適さを追求した、ママに優しいキッチン

 

 

 

奥さまのお気に入りのキッチンには、“キュン♡”とするポイントが散りばめられています。

 

 

中でも天井を一段下げて付けた間接照明は、奥さまのお気に入り!

 

 

また、ひと続きにしたキッチンカウンターとダイニングテーブルが、配膳&片づけを楽チンにしてくれます。

 

 

1階フロアは無垢材を使用しながらも、キッチンとダイニングは子どもの食べこぼし等が掃除しやすい素材に変更。

 

 

デザインで魅せつつも、“日常生活”での小さなストレスをできるだけ軽減できるよう、家事が楽になるアイデアを取り入れるテクニックはさすがです。

 

 

Point.2 一直線にした家事動線で時短を叶える!

 

キッチン→パントリー→洗面を一直線にしたことで、無駄な動きを省いて効率的に。

 

 

洗面の向いには玄関があり、買い物から帰宅したらそのままパントリー&冷蔵庫にしまえる動線にご夫婦ともに大満足。

 

 

Point.3 天候に左右されない 共働き夫婦にマストな家事室

 

 

共働き夫婦にとって、家事が滞ると生活にゆとりがもてなくなってしまう心配も。
そんな心配を解消してくれるのが2Fにつくった家事室。

 

 

お風呂→洗面洗濯室→家事室→バルコニーという動線が家事を楽にすると同時に、家事室では洗濯を干せるように。おかげで雨の日も快適に洗濯が完了!さらに、畳敷きにしたことでアイロンや洗濯物をたたむ作業もストレスなくはかどります。

 

 

毎日のことだからこそ、ひとつひとつの家事をスムーズに進められることがママの笑顔を増やします♪

 

 

Point.4 自然とコミュニケーションが深まるLDKの間取り

 

キッチンからはLDK全体が眺められるレイアウトに。

 

 

どこにいても顔が見えるので、家事をしながら会話が弾み、自然とコミュニケーションの頻度も高まります。また、小上がりの和室はベンチ代わりになるので、とっても便利!

 

 

Point.5 リビング横には多目的につかえる小上がりの和室

 

 

ベージュの畳とグレイのクロスがセンスを感じさせる小上がりの和室。

 

 

キッチンから見える場所にあり、子どものプレイエリアとして、来客時の寝室として等、シーンを選ばす活用することができます。

 

 

畳の下には収納スペースを設けて、季節モノなど出番の少ない物を片づけておけるように。

 

 

Point.6 環境から“手洗い”の習慣が身に付くように

 

 

玄関を入ってすぐの場所に手洗い場をレイアウト。

 

 

計算された動線から、自然と“手洗い”の習慣が身に付くアイデアです。外遊びの後や、来客時にも重宝します。

 

 

Point.7 心躍るアイテムを日常生活に散りばめる

 

 

玄関正面にはご主人の趣味という自転車を壁掛けにしてディスプレイ。

 

 

たたきのスペースを広めにとり、自転車やベビーカー、子どもの砂場グッズ等がスムーズに運べるように。

 

 

玄関脇に設けたシューズクロークには靴以外のアイテムも収納できるように十分な広さを確保しています。扉付きなので来客時にはさっと閉じてスッキリと見せることも可能。

 

 

お気に入りのアイテムにパっと目を奪われ、幸せな気持ちになる。

 

 

そんな一瞬一瞬が生活に潤いを与え、心のゆとりにつながっていくんではないでしょうか。

 

最後に…

共働き夫婦にとって、家は1日の疲れを癒し、エネルギーを充電する場所。

 

 

とは言っても、毎日の家事は日常そのもの。

 

 

限られた時間の中で有意義な時間を過ごせるよう、住まいに家事の負担を軽減するアイデアが溢れていること。

 

 

それが“家事を楽にして時短を叶える”暮らしに繋がると感じる住まいでした。

 

 

家族がネイブレインと共に“今”と“未来”のライフスタイルにしっかり向き合い、ひとつひとつ妥協なく選んだ先に完成した、まさに理想のマイホーム。ぜひ参考にしてみてください。