みんなのコラムCOLUMN

みんなのコラム

2020/11/20

小さい頃から愛されている新潟のローカルフードとは?

【愛知・岐阜・三重】土地探しから始める家づくりを丸ごとサポート!

 

こんにちは、「ママ目線で建てる!自由設計の家」ライターのmomokoです。

 

一番最初の記事の冒頭で自己紹介をしましたが、私は産まれも育ちも新潟県です。

 

現在も、新潟で子育てをしながら日々家事や仕事に専念しております。

 

今まで書いてきた記事は、全国のママさんたちにとって役に立つ情報をお届けできたらいいな、

 

と地域性を特別出さずに幅広いジャンルの内容を紹介してきました。

 

ですが、今回は「新潟のことを知りたい!」と有難い要望をいただいたので、

 

私が住む新潟についてお話しようと思います。

 

県外の方から見た新潟フードのイメージは、お米やお酒、海鮮などでしょうか?

 

もちろんお米は毎日食べますが、お酒は人それぞれ飲んだり飲まなかったりしますし、

 

海が近いとはいえ、家庭によってはそう頻繁に海鮮は食べません。

 

誰しもが当たり前に知っている新潟フードではなく、今回はあまり県外では知られていないような、

 

私が小さい頃から食べている、そして現在自分の子供も食べている新潟フードを紹介しようと思います。

 

 

 

子どもを連れて食事に行くなら、たいていラーメン。

 

 

 

 

実は新潟は、人口に対するラーメン店の数がトップクラス。

 

数多くのラーメン店が切磋琢磨する新潟は、まさにラーメン王国。

 

その中でもしっかりとした文化的背景があり、各エリアごとに特徴がまったく異なるご当地ラーメンがあるほどです。

 

新潟ラーメンの中でも人気・知名度がともに高い「背脂ラーメン」。

 

うどんのようなもちもちの麺の極太麺に、たっぷりのせられたみじん切りの生タマネギ。

 

そしてそれを覆い隠すような大量の背脂がかかったラーメンは、子どもにも大人にも長く愛されています。

 

小さいお子さんは特にご飯より麺類を好むことが多く、そして大盛にすることで大人とシェアできるので

 

子どもを連れての外食は、ラーメン店を選ぶ家庭が多いように思います。

 

 

 

大人も子どもも大好き!お祭りといえば「ぽっぽ焼き」。

 

 

 

 

お祭り屋台の定番といえば、「ぽっぽ焼き」というお菓子が人気です。

 

新潟の他エリアでは「蒸気パン」とも言われています。

 

「ぽっぽ焼き」とは、黒砂糖と小麦粉を混ぜて細長く焼き上げたお菓子で、

 

黒砂糖の風味とモチモチとした食感がやみつきです。

 

新潟のお祭り屋台では欠かせない人気のお菓子で、お祭り当日には行列ができたりもします。

 

お祭りの屋台だけでなく、新潟各地のイベントにも出店したりするほど、

 

子どもも大人もみんな大好きな「ぽっぽ焼き」。つい買ってしまう新潟のローカルフードです。

 

 

夏はざるいっぱい食べるよ!「枝豆」は家族みんなで争奪戦。

 

 

 

 

新潟は日本一の枝豆大国!なのだそうです。

 

新潟県の枝豆の栽培面積は全国1位!しかし出荷量はそれを下回ります。

 

これは新潟の枝豆があまりに美味しいので、全部出荷するのではなく、

 

家族や知人でたくさん食べるためと言われています。

 

「確かに!!」と私も納得しました。

 

だって新潟では、枝豆をざるいっぱいに盛って食べるのが当たり前なんです。

 

たくさん茹でても、手が止まらないくらいずっと食べてるのであっという間になくなります。

 

その枝豆をこちらでは「枝豆」ではなく、品種で呼んでいます。

 

いきなまる、おつな姫、湯上り娘、ぴかり茶豆、黒崎茶豆などなど。

 

どれを食べても美味しいですが、品種によって本当に味が違うので好みがそれぞれ違ってきます。

 

私は個人的に「湯上り娘」が好きですね。

 

枝豆をこよなく愛し、山盛りの枝豆を頬ばる姿は新潟の夏の風物詩です。

 

 

 

軽食に、お昼ご飯に食べるよ、新潟の「イタリアン」。

 

 

 

秘密のケンミンSHOWでもとりあげられた「イタリアン」。

 

こちらはソースを絡めた麺の上に、ミートソースがかかっている新潟のローカルフードなんです。

 

麺の見た目は焼うどんのようですが、中華麺なのでベースは「焼きそば」です。

 

焼きそばに、ミートソースという意外な組み合わせですが、一度食べたら病みつき!

 

休日のお昼ご飯として、私は小さい頃から食べていました。

 

私にとっては「イタリアン」がソウルフードとなっています。
 

 

まとめ

 

今回は、新潟の一般家庭で食べられている新潟のローカルフードを紹介しました。

 

知人から聞いたことがあったり、テレビで見たことがある方もいるかもしれません。

 

私は小さい頃から食べている当たり前の新潟フード。

 

県外の方目線で記事を書き進めていくと、

 

「新潟って何にもないよな」と今まで思っていましたが、

 

「新潟って面白いな」と新潟の良さを改めて感じることができました。

 

県外の素敵なところ、行ってみたいところはたくさんあるけれど、

 

自分が住む街の新たな魅力をこれからもどんどん見つけていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

まずはお気軽に資料請求!コチラから!

Copyright© 2018 ママ目線で建てる!自由設計の家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.