みんなのコラムCOLUMN

みんなのコラム

2020/10/27

ファミリーキャンプ初心者が気づいた大切なこと・使ってよかったグッズとは?

【愛知・岐阜・三重】土地探しから始める家づくりを丸ごとサポート!

 

こんにちは、「ママ目線で建てる!自由設計の家」ライターのmomokoです。

 

新型コロナウイルスの影響がきっかけで、家族との過ごし方に「キャンプ」という選択肢が追加され、

 

自宅のお庭やキャンプ場で家族との時間を楽しく過ごす方が増えてきたのではないでしょうか。

 

 

私はコロナがきっかけではないですが、

 

子供との休日を、お金のかかるレジャー施設でばかり過ごしていたことに嫌気がさし、

 

「子供たちと一緒に楽しめる何かをしたい!」と、去年からキャンプを取り入れました。

 

アウトドア初心者の私にとっては、キャンプ用品ってたくさん種類がありすぎて何が必要かわからなかったんですよね。

 

なので最初はキャンプ用品を貸してくれるキャンプ場で試しに始めてみました。

 

とりあえず始めてみると、何が足りないか、何が必要かだんだんとわかってきたんです。

 

なので現在は少しずつキャンプ用品を集めながら、試行錯誤でゆるゆるとキャンプを楽しんでいます。

 

そんな私が使ってみてよかった、ファミリーキャンプにおすすめのグッズを3つ紹介します!

 

 

ライトは絶対必要。でも1つでは足りない。

 

 

時期によっては夕方でも、早い時間に暗くなったりするのでライトは絶対必要。

 

事前に用意をしてキャンプに挑んでみると、1つでは足りないことが判明しました。

 

キッチン用品を置いているテーブル付近はもちろん、テントの中にも必要。

 

トイレが少し離れた場所にあるキャンプ場なら、真っ暗の中歩いていくわけにもいかないので

 

持ち歩きできるライトが必要だったりと、結局ライトは2~3つはあったほうがいいなと思いました。

 

 

寒い日は温かいものがすぐ食べたい!そんな時は保温鍋で温かさも持続。

 

 

その場でバーベキューをして子供たちと一緒に焼いたり調理したりも楽しそうだけど、

 

子供がまだ小さいと火に近づけさせるのは少し怖いですよね。

 

てっとり早く子供たちに温かいものを食べさせたい!

 

そんな時は、家で作ったものを鍋ごと持っていきましょう!

 

この日は夜寒いだろうと、野菜たっぷりの豚汁を作って持っていき、キャンプ場で温めるだけにしました。

 

自宅からキャンプ場がそう遠くないところにあるので、行く前にさっと作って

 

あとは保温鍋に入れておくと勝手に野菜に火が通るので本当に楽ちんでした。

 

子供たちも家で食べるより、外で食べるほうがたくさん食べてくれて嬉しかったです。

 

夜寒い季節のキャンプごはんは、汁物やおでんもいいですね。

 

 

バーベキューコンロよりもカセットコンロ!

 

キャンプといえばバーベキュー!が定番ですが、コンロや炭、炭を捨てるところなど

 

思ったよりも荷物が多くなる、そして後片付けも大変だと気付きました。

 

そこで私が気に入って使っているのがカセットコンロです。

 

自宅でも使えるカセットコンロですが、通常のとは違うのが風よけのユニットがついているので

 

風が吹いても火が消えないアウトドア向けのカセットコンロなんです。

 

専用ケースもついてるので持ち運びもできます。

 

さっとお湯を沸かしたり、ちょっと焼いて食べたいときに優れものです。

 

 

まとめ

 

SNSでキラキラとしたキャンプ写真を見ると本当に楽しそうで、

 

おしゃれなグッズを集めた写真映えするキャンプを楽しむ方々に憧れたりもしましたが

 

そんな方が使っているキャンプ用品て有名ブランドのものだったり、

 

思ったよりもいいお値段がするものだったりで手が出せませんでした。

 

そこで私が感じたのは、

 

まずはオシャレなキャンプをするよりも、どうやったら自分も子供もキャンプを楽しめるかどうか

 

ではないでしょうか?

 

あれもこれも道具を揃えるのはお金がかかるし、

 

子連れのキャンプというだけで荷物も多くなるし、子供がまだ小さいと目が離せません。

 

最初は荷物を最小限にし、負担のかからないキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

投稿者:

まずはお気軽に資料請求!コチラから!

Copyright© 2018 ママ目線で建てる!自由設計の家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.