みんなのコラムCOLUMN

みんなのコラム

2020/05/18

医療現場の危機を救う!? 工務店の知恵と靴職人の技が詰まった防護服が完成!

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言は一部地域を除いて解除されたものの、いまだ予断を許さない状況ですね。

ウイルスと戦う最前線の医療現場では、マスクや防護服といった物資が不足しており、ひっ迫した様子はニュース映像からも伝わってきます。

 

 私たちにできることは限られるかもしれない。

だけど、知恵と技で新しい試みを始めた工務店さんがあると聞いたので、早速お話を伺いました。

 

 

自社のノウハウを生かして社会貢献!「ネイブレイン」の挑戦

 

 新型コロナウイルス患者を受け入れる病院で特に不足しているのが、医療従事者の感染防止用医療用ガウンや防護服。

政府は、経団連など民間の機関を通じて、代替品となるクリーンルーム用ウエアなどの提供を現在も呼び掛けています。

 

そんな折、医療現場の様子を伝えるニュースを見た「株式会社ネイブレイン」代表の山本 直人さんは、

「治療にあたっている人たちに向けて、何か応援できないか」と考えたそう。

そこで目を付けたのが、住宅用建材の「タイベック🄬シート」。

 

「タイベック🄬」とは、0.5~10ミクロンのポリエチレンの極細長繊維をランダムに積層し、熱と圧力だけで結合させたシート(不織布)です。
米国 デュポン社が開発したこの独自の構造により、優れた透湿・防水性能を有し、抜群の強度と耐久性能を保持することが可能になりました。

(旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社HPより引用)

 

「タイベック🄬シート」は、断熱材と壁の間に貼られるシートで、透湿・防水といった役割を果たす、

どの家にも必ずといっていいほど使われている建材。

(お家を建設中に見る銀色のシートというとピンとくる方もいらっしゃるでしょうか)

その機能性を生かして医療用の防護服を作成できないかと思いつきました。

 

 

そして、山本さんは早速行動をおこします。

 

同社の事業の一つである、オーダー靴の企画製造販売を行う「CAGIANA(カジーナ)」の靴職人たちに製作を提案。

職人たちも「自分たちにできることはないか」と模索している中での依頼だったため、

全社一丸となり防護服の製作プロジェクトが始まります。

 

(左から靴職人の磯野 哲さん、一ノ瀬 亮さん、安村 貞彦さん、明松 正訓さん)

 

山本さんは、実際の医療現場で使えるか聞き取りを行い、「タイベック🄬シート」を神戸市須磨区にある工房へ手配します。

日ごろから作図・縫製に慣れている職人だからこそ、数時間でプロトタイプを作り上げたといいます。

 

(「職人全員で、医療現場の方が着用した際に作業しやすくするには、どうしたら良いかを試行錯誤を繰り返しながらデザインした」と磯野さんは話します。)

 

1ⅿ×50ⅿの「タイベック🄬シート」から20着弱の防護服ができ、1着製作するのに、作図・断裁後10分程度かかりるそう。

しかし、本業を行いながら製作するので、1日にできる枚数は限られています。

そこで、支援の輪を広げるためにも、誰でも簡単に作れるように工程の見直しや製作方法の改良を行い

「CAGIANA(カジーナ)」サイト内で製作方法の公開に踏み切ります。

 >>詳細はこちら  「誰でも簡単に作れるタイベックを使用した防護服」の製作方法のご案内

 

アイデア出しから製作方法の公開までの期間は、なんと約2週間!

未曾有の危機に対して、居ても立っても居られないという強い使命感に突き動かされた結果といえるのではないでしょうか。

ちなみに、タイベック🄬シートはAmazonや楽天といったサイトでも3万円程度で購入できます。

 

 

「ママ目線で建てる自由設計の家@ラジオ」に登場

 

 

 5/15に放送された「ママ目線で建てる自由設計の家@ラジオ」では、「株式会社ネイブレイン」
経営企画室室長の余吾 知亮さんをゲストに迎え、防護服製作の取り組みについて語っていただきました。

  >>詳細はこちら

 

 

出来上がった防護服をご持参いただいたので、実際に番組MCの堀口 修司さんが試着してみました。

 

 

感想は、薄くて、とにかく軽い!さらに丈夫!

着用も簡単な上に、脱ぐときには外側に触れないのもポイント。クシュクシュさせるとより体にフィットするそう。

 

 

専用の両面テープで張り付けているので、縫い目がなく、0.5ミクロン*の以上のものは通しません。
(*1ミクロンは0.001ミリメートル。ちなみに、人間の髪の毛の直径は、およそ60~80ミクロン、スギ花粉は、およそ30ミクロン)

 

しかし、新型コロナウイルスは0.1ミクロン。ウイルスを完全に防ぐことは難しいため、

現在では、検査後などの場面での活用を検討されているそうです。

すでに、大阪市や神戸市といった自治体からも問い合わせがあり、順次寄付される予定です。

 

「今後は、0.5~0.1ミクロンの隙間を埋めることができれば、治療の現場での使用が期待できます。

 それぞれの分野が得意なことを発揮して、多くの支援が必要としているところに届くといいですね」と余吾さん。

 

今後も同社の取り組みから目が離せません!

 

投稿者:

まずはお気軽に資料請求!コチラから!

Copyright© 2018 ママ目線で建てる!自由設計の家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.