みんなのコラムCOLUMN

みんなのコラム

2018/06/12

話題沸騰!小牧で驚きの集客数を誇る
次世代のリサイクルショップ『BANUL(バナル)』が熱い!

こんにちは!ライターsajiです♪

 

 

皆さん、リサイクルショップはお好きですか?

 

 

私の周りでは、リサイクルショップでお値打ちに欲しいものを購入したり、不用品を売ったりと日常的に足を運ぶ友人もいます。

 

 

私自身も、たまにリサイクルショップに行き、掘り出しものがないかな~♪なんてブラブラ見て回ることもあります。

 

 

そんな中、私の中の“リサイクルショップ”の概念を覆したお店があるので、紹介させてもらいますね♪

 

 

センス溢れるオシャレな店内に驚き!
リサイクルショップBANUL(バナル)の魅力とは。

 

今、口コミやSNSで知名度をぐんぐん上げ続けているリサイクルショップ『BANUL』。

 

 

小牧の工業系企業が多いエリアの中に、お店を構えています。

 

 

 

 

店構えはこんなかんじ。

 

 

中はどんな風になってるんだろう!?と好奇心をそそられる外観に。

 

 

一歩中に入ると…

 

 

 

 

ビンテージかつレトロな雰囲気のスペースがあったり

 

 

 

 

こんな感じで家具が並んでいたり。

 

 

いやいや、オシャレ過ぎるでしょ!!!!!と思わずツッコミたくなります。

 

 

家具や雑貨、古着などたくさんの商品が所狭しと並んでいますが、商品のオシャレさだけでなく、見せ方も凄い!

 

 

何をどうやったらこんなオシャレな空間に演出できるのか。。。センスのない私からしたら、本当に意味不明です。(言い方!笑)

 

 

どうしてこんなオシャレなお店づくりが可能なのか…それは、BANAULのオーナーでもあり、プロデューサーでもあるこの人のセンスでしょう。(完全なる決めつけ。笑)

 

 

BANULの立役者!
若山陽一郎ことWAKKAN(わっかん)さんってどんな人?

 

 

 

はい!この人がWAKKAN(わっかん)さんこと、若山陽一郎さん

 

 

リサイクル業界で有名な株式会社和愛グループの社長かつBANULのプロデューサーです。

 

 

このWAKKANさんが、なかなか深みのある方で、私もその人間性に魅了された一人です。

(会うと話が止まらない。ほんとに。)

 

 

この方、肩書が何か分からないくらい、色んなことをされています。

 

 

取材時には「ライフスタイルデザイナーっていう肩書にしようと思ってる!」と話していました。

 

 

それくらい、携わっていることの幅がハンパなく広い!

 

 

リサイクル業

プロデューサー

講師(あげまん講座とか起業とかインスタとか)

イベント出店(LACHICにてポップアップストアとか!)

ライター

 

などなど。

 

 

今月末にはラジオにも出演するとのこと。(一体何者感満載。←失礼かっw)

 

 

持ち前の人柄で、どんどんWAKKAN WORLDを拡大しているかんじがしてなりません。

 

 

そんなWAKKANさん、取材時に

 

 

「困ったときに相談できる人がいなかったら、僕に相談してほしい。」

 

 

とおっしゃってました。

 

 

「えっ!?それ、記事に書いていいんですか!?」

 

 

って思わず聞いたら、

 

 

「いいよ!僕が答えられないことは、僕の知り合いに答えられる人がいるから。」

 

 

と、なんとも男前なお言葉!

 

 

何か困ったことがある人は、ぜひ連絡してみてくださいね!

(BANULにいない時もあるから事前に連絡してくれると有難いと言ってましたよ。めちゃ親切!)

 

 

ママがゆっくりと宝探しができるような
居心地の良いお店づくりを実現。

 

 

 

実はBANULは店内を改装して2017年11月12日にリニューアルオープンをしています。

 

 

コンセプトは【宝箱(トレジャーボックス】。

 

 

ママが宝探ししたくなるような場所”という想いが込められています。

 

 

家具だけでなくテーブルウェアやビンテージ雑貨、デットストックの食器など、日常をオシャレに彩るアイテムがさらに豊富に。(しかも納得の価格で!)

 

 

 

 

店内にはついつい目を奪われる立派なシンボルツリーも!

 

 

さらに、ママたちがゆっくりお買い物できるようにと、手作りティピの中にキッズスペースが作られています。(これがまたオシャレ!そして、子どもがいつまでも帰りたがらないパターンも多いらしい。笑)

 

 

店内にあるソファは座ってOKなので、ゆったりとくつろぐお子さんも。

 

 

お子さんがトイレに行きたくなっちゃったら、スタッフに声を掛ければ案内してもらえるので大丈夫!

 

 

もし、赤ちゃんの授乳タイムになってしまった時でも、駐車場があるので車内で授乳ができるという安心感がママには大きなポイント。

(予定通りにいかず、出先で授乳。私も経験あり!子育てあるあるですね。)

 

 

そして、ここのスタッフさんたちは、やたらと話しかけてくることはないので、ゆっくりと自分のペースで見て回れます。(私は声掛けられるのあんまり好きじゃない派。)

 

 

商品について聞きたいことがある人は、スタッフが丁寧に対応してくれるので気軽に声を掛けてくださいね♪

 

 

冷蔵庫がオシャレに変身!
人気上昇中の『RE-蔵庫』が気になる。

 

 

BANULでは中古の冷蔵庫を購入した方限定で、冷蔵庫のリメイクのサービスを提供しています。

 

 

これ、私めっちゃ気になっています!

 

 

 

 

冷蔵庫って生活感がでやすい電化製品のひとつだと感じています。

 

 

それが、こんなに味のある電化製品に変身しちゃうんです!

 

 

キッチンの雰囲気がガラっと変わること間違いなし!

 

 

冷蔵庫の購入費+¥17,000~オーダー可能だそうですよ~。

(内容によって価格が変わるので、気になる人はお問合せを!)

 

 

ライターsajiから見たBANULの魅力。

 

 

 

私がBANULを知ったのは、友人からの紹介でした。

 

 

「こんなお店が小牧にあって、こんなスタッフがいるよ~」と。

 

 

そこで、足を運んだことがきかっけで縁が繋がりました。

 

 

WAKKANさんをはじめ、スタッフはみんな親切で気遣いのある方ばかり。

 

 

ついつい、買い物の予定がないのに足が向くようになりました。(ひやかしかっ!)

 

 

息子は3~4歳で動き回る時期でした。「もともとリサイクル品だから多少傷ついても大丈夫!」という言葉は子連れママにとって、ホッと心が緩む言葉。

 

 

ママがゆったりとした気持ちでお買い物が楽しめる場所をBANULが実現してくれました。

 

 

買い物しなくてもいいから、遊びに来て欲しい」と話すWAKKANさんの懐の大きさ実感しっぱなし。

 

 

完全余談ですが、取材中に

 

 

「最近、何してるとき楽しいー!って感じますか?」

 

 

と質問したら、

 

 

「インスタの記事アップしてるときかな~」

 

 

って答えたので、「女子高生かっ!」て間髪いれずツッコミいれました。

(それを聞いてWAKKANさん大笑い!)

 

 

WAKKANさんをはじめ、スタッフも魅力的な人ばかり!

 

 

BANULの魅力は、とにかくその場で感じてもらうのが一番!

 

 

ぜひ一度、足を運んでみてくださいね♪

 

 

【取材協力】

RE-SQUARE BANUL(リ・スクエア バナル)

愛知県小牧市小木東2-113

Tel:0568-65-8729

banul@banul-official.com

http://banul-official.com/

https://www.instagram.com/re_square_banul/

投稿者:

まずはお気軽に資料請求!コチラから!

Copyright© 2018 ママ目線で建てる!自由設計の家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.